たまに 改善日記

たまに改善したことを書いていきます。改善が誰かのお役に立てばいいなって思います。

電力について調べる

電力を使うには発電所、変電所、配電所、配電設備、送電設備がいる。

電気を発電して使いやすいように電圧を変圧して配電、送電する。

発電所には発電装置があって水力発電所や火力発電所原子力発電所太陽光発電風力発電地熱発電、蓄電池などで電気を作る。

そのあと変電して送電する。ケーブルがあったり、電柱を立てて運ぶ。ケーブルや電線を止めるのに電気工事の道具を使ったりする。電線同士の間隔や高さなどが決まっててそれに従って電柱などを立てる。

変圧器で6.6kVを家庭用の100Vとかに変える。その時に使う電線の種類が決まってる。

電力には有効電力と無効電力があって無効電力を少なくすると力率がよくなって電力の効率がよくなる。そのためのコンデンサやリアクトルがあって消費電力に応じて使う。

鉄塔とかだと雷が落ちたりしないように雷をよけるやつをつける。

海辺だと塩害でがいしが汚れて電圧が下がるので対策をする。

雪の多いところだとそこで雪の重みで電線が切れたりするから対策がいる。

電線やケーブルも劣化するから調べないといけない。

短絡とか地絡とかして事故が起きると停電する。配電方式が色々あってなるべく停電が起きないような配電をしている。