たまに 改善日記

たまに改善したことを書いていきます。改善が誰かのお役に立てばいいなって思います。

FETのはんだ付けを色々変えてみた

 センサーの出力が2.9Vぐらいだったのでそこにシリコンダイオードつけてみた。シリコンダイオードは逆起電力が1Vあるやつなので1V下がって1.9Vになるはずだ。そして、FETは1.5Vから動くので動きLEDには3.1V電圧がかかり少しだけ光るはずだと思た。

 シリコンダイオードで0.3Vしか下がらなかった。

 センサーの出力を1.9Vに抵抗の比で変えた。1.6VがFETのゲートに出力された。でもLEDの電圧は2.5Vだった。ドレーンソース間も2.5Vで半分半分になった。なぜだ。

 ネットで調べたらドレーンソース間の電圧はゲートに出力された電圧ひくことのFETのしきい電圧って書いてました。

 しきい電圧が1.5Vだとゲートの電圧が1.6Vだから1.6-1.5で0.1Vがドレーンソース間の電圧あとはオン抵抗と電流で計算される電圧分引かれるから2.5Vも引かれないはずなのに。

 ゲートの出力関係なく2.5Vひかれてた。もしかしたら2.5Vがしきい電圧なのかって思った。FETが壊れてるか見分け方知りたいと思いました。

 シリコンダイオードで電圧源にするやつは今はわからなかった、電流は流れるのか気になった。

 電源を7Vにしようと思った。そしたら2V増えるから電源7V-FET電圧2.5Vで4.5Vになる。