たまに 改善日記

たまに改善したことを書いていきます。改善が誰かのお役に立てばいいなって思います。

ねこ背を治す本

この本です。

ねこ背は治る!|単行本|趣味・生活実用|自由国民社

①肺の本当の大きさを感じる。あばらの下あたりまである。奥行きは背中まで

②腕の付け根はどこかしる。肩甲骨らしい

 あばらの後ろ上あたりをすべるように腕は動く。

③足の付け根はどこか、筋肉でつながってて大腰筋の付け根のみぞおちの下あたりらしい。

 猫背にならないのは膝立ちしたときに背筋は真っ直ぐになる、それは太ももの骨にきちんと体が乗っているからだそう。立った時にはくるぶしの真下で真ん中の足の裏あたりを中心に立ってすねの骨の太いほうのに体を乗せるようにする。ちょっとx脚になる。そうしたら大腿骨に骨盤がのって背筋が伸びる。座るときには骨盤の下の骨(座ったときにあたる骨)をきちんと下にあたるようにする。

 そんなことを意識して力を抜くと猫背が治るらしい、首の付け根はどこか気になった。僧帽筋のあたりかなって勝手に思った。

 よく読んだら意識して力を抜いたら首と腰の力が余計なものがぬけて真っ直ぐの姿勢になるから首の付け根は考えないようにした。驚くほど真っ直ぐになった他の人は読む価値ないとか言ってるけど姿勢がよくなりました。

後なんかの本で読んだストレッチをやったら効果的だと思いました。

1つ目

①片足を前に出しちょっと直角にする。

②両腕を前で組む。

③左右横にゆっくり捻る。足の付け根と腕の付け根を意識する。

④前に出した足を変える。

2つ目

後ろに捻る

①片足を前に出しちょっと直角にする。

②手を後ろに出しもう片方の手でつかむ

③左右横に捻る。手を変えて捻る。

④前に出した足を変える。

3つ目

本で読んだうろ覚えのストレッチ

①片足を前に出しちょっと直角にする。

②腕を上に伸ばし手を組む、上から下に下げて手を放し Lo」 こんな感じにする。

③腕を曲げて胸を開く

④前に出した足を変える。